ボディーピアススタジオホーム > よくある質問

痛いですか?

この質問が一番多いですね。痛みを感じる部分には個人差があり「痛い」という人と「痛くない」という人がいます。身体を針が貫通するので、ある程度は痛みはあると思います。しかし最近作られた「キラーニードル」は圧倒的に、「痛くなかった」とお客さんに言われます。痛いのが怖いという人は、「ピアスをしたい」という気持ちが強くなるまで待って開けましょう。痛いと思う時間は1秒ぐらいです。だから麻酔が必要なほどの痛みではありません。ピアッシングに麻酔は不要だと私は思っています。

何を使って開けるのですか?

ニードルというボディピアス専用の針を使います。注射針のように中が空洞になっています。ピアッサーを使う人もいますが、本来ピアッサーは耳たぶ用に作られたもので、ボディピアスをあけるのには適していません。

麻酔はやってもらえますか?

最初に麻酔も針で刺しますから痛いですよね。その麻酔を刺す時点で、当スタジオではもうピアスはついてます。本当に一瞬です。どうしても麻酔が、という方は医療機関に相談ください。

アフターケアは面倒ですか?

顔を洗うのと同じぐらいだと思ってください。日常的に毎日しなければいけない事ですが、そこまで面倒な事ではありません。

消毒はどうすればいいですか?

消毒というよりは、洗浄を心がけてください。 使用する石鹸は薬用石鹸をお勧めしますが、皮膚が弱い方は普段使用している石鹸で十分です。薬用石鹸を泡立ててピアスに乗せ2~3分おいたら、シャワーで流してください。初めの数日はピアスが動かないこともあるので無理に動かさず、楽に動くようになったら石鹸の泡をなじませてピアスホールの中まで石鹸が行き渡るように洗い、リング形状のピアスは洗浄時回しながら洗うと効果的です。 また耳の軟骨の洗浄時は強い刺激は加えずにむやみに触れないで下さい。あまりやりすぎると皮膚を痛めますので、1日1回か朝晩2回にしましょう。薬用石鹸は刺激が強すぎるという場合や完治が悪い方はホットソークという方法もあります。コップ半分くらいのお湯に、天然塩を涙程度の濃度になるように入れてそれをコットンかティッシュに浸して、1~2分ピアスに乗せます。終わったらシャワーで流してください。これも1日1回か朝晩2回行いましょう。

へそピアスは妊娠したらどうなるのですか?

妊娠用のシリコンチューブがあるので妊娠している間はそれと交換して出産後に元に戻せるので大丈夫です。

ピアス穴あけに良い季節はありますか?

ピアスは1年中いつでも開けることができますが、アフターケアをしっかりしてください。

ファーストピアスはいつ交換できますか?

ピアスホールが出来ていない間に取り替えてしまうと、傷口から雑菌が入り化膿したり、セカンドピアスの素材によってはアレルギーを誘発してしまう事もありるので、完治するまではファーストピアスで我慢しましょう。部位によって完治の期間が違うのでピアッシング(ピアスの穴あけ)後に説明します。

アレルギー持ちなのですが?

ファーストピアスはアレルギーを起こし難い、医療用ステンレス製を用いています。ファーストピアスに金などの素材を使うと、今までなかった金属アレルギーが誘発されることがあるので、ステンレスでファーストピアスはします。